私たちのサポート事例
よくあるご質問

問題飲酒

問題飲酒を解説します。

産後うつ

主な症状

  • アルコールに耐性が出来て、酒量が増え、飲む時間や場所を気にしなくなる。
  • 少しでも酒を飲むと自分の意志が働かず、コントロールが効かなくなる。
  • 体内のアルコール濃度が下がると頭痛やイライラ、耳鳴りや息苦しさなどがある。
  • 特定の状況で話せないとか手の震え、幻覚などが見える。

発症のきっかけ

  • 幼少期のトラウマ
  • 近しい人の死亡
  • 人間関係のトラブル(夫婦、親子、仕事関係など)
  • 就職・退職・転勤・リストラ・栄転、結婚・妊娠・育児・離婚などの環境の変化
  • お金のトラブル(借金・税金・相続・給料)

周囲が気をつけるべきこと

長時間お酒を止めていても、一旦飲み始めると元に戻り、飲酒のコントロールができないため、断酒をするよう見守ることが大事です。

お酒で起こる、「飲み屋のつけを払う」「飲んで外で暴れた後、その肩代わりをする」など、問題を起こした後の責任を代わりにとってあげるのではなく、その責任を本人に返すことが重要です。

本人の飲酒問題に向き合わせることが、治療をうまく進めることになります。

ページトップへ
tel
お問い合わせ
LINE